フッ素樹脂コーティング(テフロン加工)のパイオニアです。表面処理で太陽電池、液晶、食品、その他の加工ニーズにお応えし、日本海側(新潟県)の発展に貢献します。

技術紹介

トシカルSコーティング

強粘着性である粘着テープ・接着剤・ゴム製品の製造段階では基材に粘着、接着剤が付着するのを従来のフッ素樹脂コーティング膜で解決できない場合がありました。
「強粘着性物質」との非粘着効果を狙う「表面改質技術」は今まで国内はもとより世界に有りませんでした。

日本・米国のパテントを持つトシカルSコーティング加工は粘着を嫌う面に凹凸を付け凸部に特殊樹脂を凹凸形状を残しながら埋め込むことによって飛躍的な非粘着性表面を作る事により、他の表面処理では解決不可能であった重度の粘着障害を解決しお客様の生産の不良低減・工数削減に成功しました。

膜圧 耐久性 *1 非粘着性 *2
(N/10㎜)
UNA-800 50μm~150μm <0.01
UNA-400 10μm~50μm <0.01
UNA-310 10μm以下 ≦0.01
  • *1 「JIS K 5600-5-9 耐摩耗性(摩耗輪法)」を参考に摩耗輪CS-10を用い、摩耗痕にて非粘着性の評価試験を実施。測定結果を相対評価。
  • *2 トシコ式非粘着測定器使用
    「JIS Z 0237 粘着テープ・粘着シート試験方法」の試験片に対して90°に引きはがす試験方法に準拠。※単位:N/10㎜
    「JIS Z セロハン粘着テープ」に準拠した粘着テープを使用。

動画で見る
トシカルSコーティングはこちら

※グループ企業『株式会社トシコ』のホームぺージにジャンプします。

トシカルS UNA-800シリーズ

もっともポピュラーなタイプで当社特許習得の基礎となったグレードです。

被膜構造は2層に大別され、1層目は特殊金属を凹凸形状にコートして有り、2層目に高分子共重合体からなる特殊非粘着樹脂を凹凸形状が残るようにコートしてあります。

トシカルS UNA-300シリーズ

UNA-800の非粘着性・離形性はそのままに、加工による基材寸法の変化量を極力少なくしたことが特徴のグレードです。

この凹凸度合いは表面粗さにて管理され、平滑にも凹凸にもコントロール可能です。

トシカルS UNA-400シリーズ

UNA-800シリーズ、UNA-300シリーズの提供から培った耐磨耗、寸法精度の要求から、UNA-800の耐久性を維持しながら加工による基材寸法の変化量を極力少なくしたことが特徴の中間グレードです。

トシカルS UNA-100シリーズ

ゴム基材専用の加工グレードです。
ゴム表面にフッ素樹脂(テフロン)なみの低摩擦性とシリコーンゴム以上の離型性を付与します。
シリコーンゴム基材にも密着し、シリコーンゴムより優れた離型性とすべり性を発揮します。

お見積り・お問い合わせ
フッ素樹脂コーティング
1個から試作品製作承ります。
※コーティング材料販売は行っておりません。
※個人の方のご依頼はお受けしておりません。

閉じる